カンタン牛乳雑炊

牛乳を使ったおいしい雑炊をご紹介します。
ポイントは「とにかくカンタンで手早くできる」こと。つめたいご飯でもおいしく作ることができるうえ、牛乳もたっぷり。お子様がいるご家庭の朝ご飯にもぴったりです。

カンタン牛乳雑炊

使用する乳製品
  • 牛乳
  • 粉チーズ

<材料3人分>
ごはん 300g
牛乳 300cc
コンソメスープ 450cc
ベーコン 1~2枚
コーン 40g
鶏肉(胸肉またはササミ) 120g
彩り野菜 適宜
粉チーズ 適宜
少々
少々

1.下ごしらえ

1.蒸し鶏をつくる

蒸し鶏軽く塩をして30分ほど寝かせたあと、酒をふりかけて蒸し器のなかへ。5分ほど蒸し、竹串を刺して透明な肉汁が出てきたら完成。

親方アドバイス!
蒸し器の代わりに電子レンジでもOK。
時間は1~2分程度。すぎないように。

2.材料をきざむ

きざむベーコン、アサツキ、ニンジンなどをきざみます。
あまり大きくならないよう、コーンの粒の大きさを目安に小口切りでそろえましょう。

3.ごはんを洗う

ごはんごはんをザルに入れ、流水で洗います。
カタマリが残らないようほぐしながら洗いましょう。

親方アドバイス!
ご飯を洗うとごはんから出るネバネバが抑えられ、さらりとした雑炊に仕上がります。ぜひご家庭でもこのひと手間を忘れずに。

2.準備

1.出汁をつくる

出汁コンソメスープを鍋に入れて沸騰させます。沸騰したら刻んだベーコンを鍋の中へ。基本的な味付けは、コンソメスープとベーコンの味だけでOK。

2.洗ったごはんを鍋へ

ベーコンを入れてひと煮立ちさせたら、洗ったご飯を鍋のなかへ。あまり煮込みすぎないように注意。

3.牛乳を鍋へ

牛乳を入れるごはんが温まったらよいよ牛乳の登場です。牛乳を入れてからはあまり火を入れないよう注意。
鍋肌が泡立ち始めたらコーンを入れ、塩・コショウで味を調える。

4.完成

完成味を調えたら雑炊を器にとりわけ、彩り野菜や蒸し鶏を盛りつけて完成。お好みで粉チーズをかけてお召し上がりください。

親方アドバイス!
粉チーズを多めにかけた方が風味もよく、味が際立ちますよ。

おかゆみたいにならないように
ご存じですか?おかゆと雑炊は別モノ。おかゆのようにネットリとした仕上がりにならないよう、火を入れすぎないことが大切です。牛乳入りの出汁がおいしく楽しめ、ごはんをサラサラと掻き込めるよう煮込みすぎないように仕上げることがポイントです。

今回ご協力いただいたのは…

ホテルクレセント仙台の奥座敷・秋保にたたずむリゾートホテル。深い緑に囲まれた閑静なたたずまいは、多くのファンに愛されてやみません。
「お料理がおいしいホテル」としての評判も高く、フレンチレストラン「ベルビュー」と和食処「和(やわらぎ)」で楽しめる本格フレンチ&和食は絶品です。
温泉もちろん天然。秋保の名湯と自慢のお料理が楽しめる日帰りプランもあり。日頃の自分へのご褒美にはもってこいの魅力的なホテルです。

秋保リゾート「ホテルクレセント」様公式サイトはコチラ
クレセント様所在地はコチラ

コメントは停止中です。